無料相談はこちらまで

TEL.072-439-1717

平日9:00~19:00平日夜間、土日祝日も事前予約でご対応致します

長男に経営権を渡した

会社をゆくゆくは息子に任せたいのだが…相談者:70歳男性

家族信託の具体的な活用事例

私はA株式会社代表取締役であり、その株を100%保有していますが、最近、体調面に不安がでてきました。今後5年をめどに、長男に経営権を渡したいと考えていますが、後継者の長男はまだ30歳であり、弊社取締役とはいえ、まだまだ経営力不足のため不安なのです。今のままでは、私に何かあった場合、株主総会が開けなくなり、重大な経営判断が出来なくなります。

家族信託

信託契約後、当面の間は、父親が指図権を行使し、経営権(議決権)を掌握できるようにする。父親が認知症などで指図権を行使出来なくなれば、受託者長男に経営権(議決権)が移動し、経営凍結状態を回避できるようにする。父親が死亡により信託は終了することとし、信託株式は長男に帰属するようにしておくことが可能。

相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。

新着情報

お気軽にお問い合わせください

メールまたはお電話にて相談の予約を受け付けております。
面談によるご相談は夜間、土日祝日も対応可能です。
ご希望の場合は事前にご予約下さい。

PAGETOP