何かトラブルや悩みを抱えていませんか?あなたの日常に安心を、法律面からバックアップします。

家族信託のこと 家族信託のこと

家族信託、民事信託、商事信託~他の信託との違い~

家族信託

信託と聞くと信託銀行をイメージする方が多いのではないでしょうか。

信託会社や信託銀行などで行う信託と商事信託と言い、主に所有者(お客様)から金融資産を託され管理します。これは営利目的で行われるので信託会社や信託銀行には信託を行なった報酬を支払う事となります。これらを行うには信託会社側に信託業免許が必要となります。

民事信託、は営利目的でないので信託業免許は不要です。そのため財産を信託する相手は個人でも法人でも誰でもかまいません。
その民事信託の中でも財産管理を「信じて託す」相手として家族や親族が受託者となる場合を家族信託と呼びます。

【1】民事信託

❶民事信託

営利目的でなく、信用のおける人に財産を託し管理されるものの総称。
家族信託、福祉信託もこの中に含まれます。
免許不要。

❷家族信託

民事信託の中でも家族や親族に託すものを言う。

❸福祉信託

民事信託の中でも障がい者や高齢者を受益者とするものを言う。

【2】商事信託

信託会社等に自分の財産を託し信託報酬を支払う。免許必要。

※信託ではないもの

❶投資信託

投資目的

❷遺言信託

遺言を主軸としたサービス名

家族信託の仕組みの図解

相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。

司法書士法人C-firstシーファーストへのお問い合わせ・ご質問・ご相談

電話:072(439)1717/FAX:072(432)1423

メールフォームはこちら
ページの最初に戻る