何かトラブルや悩みを抱えていませんか?あなたの日常に安心を、法律面からバックアップします。

ブログ ブログ

ある日のご相談

投稿日:2015年10月15日 | カテゴリ:不動産登記

image1

ランチは、あったかいコーンクリームスープからかすかに立ち上る湯気の行方をなんとなく目で追いながら、好物な海老カツサンドをパクついたりなんかして、平穏な時が流れているなって空気感を楽しみたいこの頃、いかがお過ごしでしょうか?

さて、ちょっと前のお話。
父親が不動産業を営んでいた関係で、一軒家を賃貸し収益を得ている不動産を依頼人ご本人様が父親から受け継いで所有しているところ、ご自分が、この先、もしものことがあっても、今度は、これを円滑に子供らに引き継げる様にするために、今すぐやっておける対策は無いか?できれば、なるべく費用がかからない方が嬉しい。とのご相談を受けました。
こういうご相談はよくあるのですが、通常の方法としては、売買により、ご本人様からご家族名義に所有権を移転する方法、暦年贈与や相続時精算課税等の対策を加味した方法で贈与し同じく所有権移転する方法、あと、遺言をしておく等が考えられます。

依頼人ご本人様曰はく、売買すると言っても、子供らは成人とはいえまだ若く、売買代金を用意できるほどの資産形成が無いと....。
暦年贈与と言っても、今すぐ解決しないのでは、希望を満たさないし、ましてや相続時精算課税の適用には該当しないと....。
遺言は、今すぐ結果が得られるて話じゃないので、たとえ人生が一寸先は闇と言ったとしてもと、あっさり却下....。

通常の方策では賄いきれない、これは随分骨の折れる相談です。

当方では打つ手なしとなるか?といえば、いいえ。そうではありません。

家族信託はいかがですか?って事になります。

家族信託は、ご本人様が、委託者兼受益者、ご家族が受託者として、収益物件なんかの管理運用をご家族に託して、経費を差し引いた収益をご本人様が得るといった契約です。
ご本人様が、現役でいるうちは、ご自分が財産価値を掌握しつつも、加齢等によって判断能力の低下、事故やご病気等もしもの際に、法律行為がままならない状態になったとしても、受託者であるご家族が、ご本人様の意思表示なしに管理運用できますし、ご不幸にも亡くなられた場合には、信託財産をスムーズにご家族に移行できる様な仕組みです。

当方では、家族信託ご検討についてのアドバイスから、契約書の作成、信託契約に伴う不動産登記手続き等全体像のご案内、必要書類のご案内及び作成、登記申請等具体的手続きのお手伝いに至るまで、専門のスタッフがご提案致します。
家族信託で何?どんなの?て興味を、マンガで解説したパンフレットなどもご用意しています。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

 

司法書士法人C-firstシーファーストへのお問い合わせ・ご質問・ご相談

電話:072(439)1717/FAX:072(432)1423

メールフォームはこちら
ページの最初に戻る