何かトラブルや悩みを抱えていませんか?あなたの日常に安心を、法律面からバックアップします。

ブログ ブログ

大幅アップ

投稿日:2012年03月28日 | カテゴリ:不動産登記

新築建物の所有権保存登記(建物の名義を特定する登記)をする場合、法務局が発表する認定価格(新築建物課税標準価格認定基準)に基づいてその建物の課税価格を計算し、それに一定の税率を乗じて登録免許税を計算します。

4月1日からその認定価格が大幅に高くなることが司法書士会からの連絡でわかりました。

例えば、木造の居宅の場合、㎡単価が3月までは、67,000円なのが4月からは、85,000円になります。認定価格がこんなに大幅に高くなるのは、今まで経験したことがありません(私の記憶に間違いが無ければですが)ので、驚いています。

個々の登録免許税額については新築建物の種類、構造、床面積によって異なりますので、直接お問い合わせください。お待ちしています。

司法書士法人C-firstシーファーストへのお問い合わせ・ご質問・ご相談

電話:072(439)1717/FAX:072(432)1423

メールフォームはこちら
ページの最初に戻る